太平洋戦争末期に登場した特攻機「桜花」の設計者の資料などを集めた企画展が、6月9日まで大分県宇佐市の宇佐市民図書館で開かれている。一度出撃すれば生還は不可能な「人間爆弾」の残酷さや愚かさを77点の手記や写真、設計図などが教えてくれる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます