北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が9日、北朝鮮軍の西部戦線防御部隊の「長距離の火力攻撃手段」の訓練を指導したと伝えた。北朝鮮が同日午後、朝鮮半島西部の平安北道・亀城周辺から、短距離ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体2発を発射したことを指すとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます