平成の30年間で、国から地方へ権限を移譲する地方分権の仕組みは進んだ。国と地方は対等な関係になり、地方自治による住民に身近な行政が促された。しかし、足元では住民の政治離れが止まらない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます