北朝鮮が9日に強行した短距離弾道ミサイルの発射は、北朝鮮の非核化へ向けた協議が停滞する米国に難しい判断を突きつけた。かつての「瀬戸際外交」にも似た戦略に、来年の米大統領選を見据えるトランプ大統領は不快感を示した。米朝の軍事的な緊張が高まる恐れもあり、協議再開はさらに見通せなくなった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます