会場を異様な雰囲気に盛り上げ、高齢者らを催眠にかけたような状態にして高額商品を売りつける催眠商法(SF商法)。かつて健康食品の販売をうたった会社で販売員だった関西の40代男性が、取材に応じて手口を語った。「辞めてからいけないことだと気づいた」と後悔している。興津洋樹…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます