覚えているだろうか。2001年、東京で線路に落ちた男性を助けようとして、列車事故の犠牲になった韓国人留学生の男性を――。「日本と韓国のかけ橋になりたい」と留学生は生前語っていた。その遺志を継いだ両親らの活動を追ったドキュメンタリー映画「かけはし」(95分)が、31日と6月1日、大分県国東市で上映される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます