天下泰平とされた江戸時代も、鉄砲産業はすたれなかった――。大阪府堺市堺区の鉄砲鍛冶(かじ)屋敷(井上家住宅)で見つかった2万点超の古文書を調査した市と関西大学が報告書を刊行した。江戸中期も多くの大名が鉄砲を購入し続け、政情不安の幕末には取引が増加したことが裏付けられた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます