水害の被災を少しでも減らそうと、松山市の重信川の河川敷で12日、総合水防演習があった。国土交通省や愛媛県、消防などの約800人が訓練に参加。来場した市民ら約500人とともに、水害への具体的な備え方を再確認した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます