法人同士の売買が当たり前だった企業のM&A(合併・買収)で、サラリーマンなど「個人」が買い手となる事例が増えている。独立をめざしたり、昔からの夢を実現しようとしたりと事情は様々だ。小規模な売買案件を扱う仲介サイトが登場し、情報を得やすくなっていることが背景にあるが、専門家は安易な買収に潜むリスクも…

無断転載・複製を禁じます