食べ物の情報は、無意識のうちに「おいしそう」といった感情をかき立てるようだ――こんな仕組みを京都大学などの研究チームが脳活動の分析で突きとめた。13日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。ダイエットには、食べ物を無意識でも目に入れない環境が大事だという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます