鹿児島県の屋久島で、ニホンザルのユニークな調査が30周年を迎えた。ひと呼んで「ヤクザル調査隊」。毎年夏に学生らが生息分布を調べ、太古の自然が残る島での暮らしぶりを明らかにしてきた。きっかけは、伐採ですみかを追われたサルと人との争いだった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます