東京都練馬区立大泉西中学校の校庭の一角に、生徒たちが作った「憩いの広場」がある。ベンチやイスは、長年学校を見守ってきたサクラの木からつくられた。老朽化した校舎の解体とともに伐採されたが、「思い出が詰まったサクラで心休まる場をつくりたい」と全校生徒で話し合った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます