山形大学が2020年夏の治療開始を目指して建設を進める重粒子線がん治療施設で、同大は14日、東北地方の自治体や経済団体などを対象にした見学会を開いた。同大によると、施設内の見学会は初めてで、組み立て中の装置なども公開した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます