日産自動車が苦境にあえいでいる。14日発表した2019年3月期決算は大幅な減益となり、20年3月期も業績の悪化に歯止めがかからない見通しだ。続投に意欲を示す西川(さいかわ)広人社長兼CEO(最高経営責任者)は、仏ルノーとの関係を安定化させながら、低迷が続く収益を回復させるという難しいかじ取りを迫ら…

無断転載・複製を禁じます