今の佐賀や長崎にあたる「肥前(ひぜん)」は江戸時代、名刀の一大産地だった。刀工の初代忠吉(ただよし)らは、切れ味の番付で最上位に評価され、幕末の志士も愛用した。忠吉とその一門の名刀が、佐賀市の県立博物館で紹介されている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます