年間100万人が新たに診断され、2人に1人が生涯のうちにかかる「がん」。平成が始まったころは、本人に告知しないこともあったが、治療の進歩もあり、隠さない時代になりつつある。いずれ、がんを克服できる時代が来るのか。日本のがん政策を動かしてきた国立がん研究センター名誉総長の垣添忠生さん(78)に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます