少年らの間で「大麻汚染」が広がっている。警察庁によると、大麻関連事件で検挙された20歳未満の少年の数は2014年から増加に転じ、18年には過去最多に。インターネット上の誤った情報をうのみにし、興味本位で手を出してしまう実態がうかがえる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます