米国で論争が続く人工妊娠中絶をめぐり、反対派が禁止を目指して攻勢に出ている。保守色の強い南部アラバマ州では15日、中絶をほぼ全面的に禁じる州法が成立した。中絶を「女性の権利」と考える擁護派は「違憲」として提訴する構えだ。だが反対派は、保守色を強める連邦最高裁に持ち込んで、人工妊娠中絶を認めた過去の判決をひっくり返すことを狙っている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます