千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死したとされる事件で、傷害幇助(ほうじょ)罪に問われた母親の栗原なぎさ被告(32)。16日に千葉地裁であった初公判の被告人質問では、夫の勇一郎被告(41)との関係を語り、心愛さんへの思いを問われて涙を流す場面もあった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます