岩手県釜石市の津波伝承施設「いのちをつなぐ未来館」が16日、開館以来1万人目の来館者を迎えた。同館は年間約1万6千人の入館者をめざしているが、10連休を中心に小中学生や企業などの研修団体などが来訪し、開館2カ月足らずで目標の6割超を達成した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます