北海道旭川市の神楽岡公園にキタキツネが営巣し、子育てを始めた。キタキツネは、寄生虫エキノコックスを媒介するが、市の対応は当初、注意喚起だけ。一方、旭川医大寄生虫学講座は「巣の周辺では感染リスクが高まる」と、駆除を訴えた。地元で議論になるなか、市は一転、17日に巣穴からの追い出しを始めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます