虐待などの事情で家にいられなくなった10代後半の子どもたちが共同生活する自立援助ホーム。2018年2月に県内に初めてできた「シェきらり」は、そうした子どものなかでも、少女を受け入れている。オープンから1年で見えたことや課題を、運営するNPO法人事務局長の中聖子弁護士(42)に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます