自民党の甘利明選挙対策委員長は18日、野党による内閣不信任決議案の提出が衆院を解散する大義になりうるとの認識を示した菅義偉官房長官の発言に関し、「官房長官の発言は、理屈の上ではなり得る。しかし、事実として解散の可能性は極めて低いのではないか、というのが本人の真意だと思う」と語った。新潟市で開かれた党新潟県連大会のあいさつで述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます