中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の任正非(レンチョンフェイ)最高経営責任者(CEO)が18日、深圳市の本社で日本のメディアなどと会見した。米トランプ政権が17日に発動した同社への輸出規制について、「大きな影響ではないが、それほどよい成長にもならない」と述べ、業績への影響はあるものの限定的だとの見方を示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます