鹿児島県屋久島町で大雨による土砂崩れのため孤立した登山者ら270人のうちの大半が19日午前、一斉に下山を始めた。町などによると、荒川登山口で孤立していた195人、荒川三叉路と呼ばれる場所で孤立していた男性12人、女性11人の計23人のほか、ヤクスギランドでの孤立者38人、高塚小屋にいた13人。残る新高塚小屋については確認を進めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます