沖縄県内で17日に始まった「平和行進」最終日の19日、宜野湾市の宜野湾海浜公園で「平和とくらしを守る県民大会」が開かれた。大会宣言を採択し、市内にある米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事を続ける政府を「憲法を否定し、民主主義をないがしろにしている」と非難した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます