大相撲夏場所(東京・国技館)で右ひざを痛めながら8日目から再出場し、黒星を喫した新大関の貴景勝(22)=本名・佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=が9日目の20日から再び休場する。右ひざ靱帯(じんたい)などのけがで「約3週間の治療期間を要する見込み」と診断された。15日制が定着した1949年夏場所以降、再出場した大関が場所中に再び休場した例はない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます