零下220度の極寒にもかかわらず、冥王星の地下にはなぜ液体の海が存在できるのか。そんな謎を解く鍵は、地球の海にもあるメタンハイドレートなのかもしれない。北海道大や東京工業大などのチームが、そんなシミュレーション結果をまとめ、20日付の科学誌ネイチャー・ジオサイエンス電子版に掲載された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます