世界遺産の島で生まれた木工作品のギャラリーに泊まれる宿が今春、鹿児島県・屋久島でオープンした。「グランピング」と呼ばれる豪華なテントを使った宿泊施設で、中には島在住の木工作家が地元材で制作した家具や食器などを展示。泊まりながら実際に使ってもらい、「島の森のぬくもりを伝える新しい旅」の提供を目指している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます