中国で2015年以降、日本人がスパイ容疑などで相次いで拘束された事件で、北京市第2中級人民法院(地裁に相当)は21日、日中友好団体幹部の男性(62)がスパイ行為をしたと認定し、懲役6年、財産没収5万元(約80万円)の判決を言い渡した。日中関係筋が明らかにした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます