前方を走る車との距離を極端に詰める「あおり運転」の取り締まりに兵庫県警が力を入れている。兵庫県警によると、県内では昨年1年間で1782件を摘発し、前年より約7・5倍増えた。1件を除いて高速道路上で起きたといい、重大事故を防ぐため、県警は安全運転のPRにも重点を置く。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます