日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)の裁判で、争点や証拠を絞り込む初めての公判前整理手続きが23日、東京地裁(下津健司裁判長)であり、保釈中のゴーン前会長が出廷した。弁護側は検察側に対し、早期の証拠開示などを求めたとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます