白須賀貴樹・文部科学政務官(衆院千葉13区)は23日、自身が乗った車が1月に千葉県松戸市で対向車と接触事故を起こし、現場から去った問題について報道陣の取材に応じた。当時は車同士の事故だと認識しておらず、2月末に車の修理業者から「警察が探している」と連絡を受けて把握したと説明したうえで、「被害に遭われた方には心からおわび申し上げます」と謝罪した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます