河野太郎外相は23日午後(日本時間同日夜)、訪問先のパリで韓国の康京和(カンギョンファ)外相と約1時間20分会談した。元徴用工問題をめぐり、河野氏は1965年の日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置に応じるよう求めたが、康氏は応じず、平行線に終わった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます