宮城、福島、山形の3県で列車とイノシシなど動物との衝突が急増している。3県を管轄するJR東日本仙台支社によると、2018年度は135件(前年度比50件増)で過去最多。列車の故障や長時間の不通など多くの客に迷惑が及ぶことから、対策に知恵を絞っている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます