今月上旬の大型連休中、静岡県中部の60代男性が自動車運転死傷処罰法違反(無免許過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕された。男性は2月に免許を自主返納したが、その後も数回、日用品を買うために車を使っていた。急勾配の自宅から80代の母と買い物に行くには、車のある生活の方が便利だったという。増山祐史…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます