厚生労働省の部会は24日、不妊治療の受精率を高めるために、未成熟な卵子を体外で育て、精子と受精させる研究を了承した。大阪府内のクリニックが2017年に申請していた。研究目的で受精胚(はい)の作成が認められるのは、11年の倫理指針施行後、初めて。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます