大相撲夏場所(東京・国技館)14日目の25日、西前頭8枚目の朝乃山(25)=本名・石橋広暉(ひろき)、富山県出身、高砂部屋=が初優勝を遂げた。単独トップで迎えたこの日、大関豪栄道を破って12勝目を挙げ、ただ一人1差で追っていた横綱鶴竜が敗れて決まった。富山県出身力士では1916年夏場所の横綱太刀山以来103年ぶりの優勝力士となり、千秋楽の26日、令和で初の賜杯(しはい)を抱く。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます