漫画喫茶で生活している「ホームレス作家」がいる。赤松利市さん、63歳。デビューから1年の新人作家ながら、初の長編小説が山本周五郎賞の候補になり、15日の選考会では受賞作に次ぐ高い評価を得た。年収2千万円の生活から転落し、波乱の半生を送ったという、この作家。一体、何者なのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます