障害者らへの強制不妊手術を認めた旧優生保護法の違憲性が問われた訴訟で、全国初の判決が28日、仙台地裁で言い渡される。原告の一人になった宮城県の60代の女性は、知的障害があり手術のことを理解できない。代わりに闘ってきた義姉は、差別のない社会への願いを司法に託す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます