地球のオゾン層を破壊するフロンガスの放出が中国東部で増えていることを、国立環境研究所などが参加する国際研究チームが見つけた。2010年に全廃されて以降も、新たに製造されている可能性があるという。論文が23日、英科学誌ネイチャーに掲載された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます