近畿大学の男子学生が2017年12月、テニスサークルの飲み会で飲酒後に急死した問題で、大阪府警は27日、救急車を呼ぶなど必要な措置をとらなかったとして、介抱する役割などのあった当時の上級生ら21~23歳の計12人を保護責任者遺棄致死の疑いで書類送検し、発表した。一部の学生については大阪地検に起訴を求める「厳重処分」の意見をつけた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます