さいたま市に二つある火葬場のうち浦和斎場(桜区)が、設立以来の大規模改修で火葬能力が半分ほどに落ち、葬儀をするまでに通常の倍程度かかるケースも出ているという。工事は8月まで続き、関係者の間では「猛暑で亡くなる人が増えることが心配」との声も出ている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます