日韓関係は1965年の国交正常化以降、最悪と言われる。元徴用工らへの賠償問題は日韓請求権協定で完全に解決したはずだったが、韓国大法院(最高裁)は昨年10月、日本企業に賠償を命じた。出口は見えないが、河野太郎外相は関係改善への期待は捨てていない。その鍵となる一つが、韓国の康京和(カンギョンファ)外相との関係だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます