宇宙空間や火星での植物栽培をめざし、九州大や北海道大などの研究グループが7月にも、コケを育てる実験装置を米国からロケットで打ち上げる。国際宇宙ステーションで遺伝子の働きや細胞内の変化を調べ、「人類の宇宙進出」に向けた知見を得たい考えだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます