安倍晋三首相がイランを6月中旬に訪れる可能性が出ています。米国とイランの関係がこじれているため、イランと「伝統的な友好関係」(安倍首相)にある日本が仲介役を務めようということのようです。日本とイランの友好関係ってそんなに深い、伝統のあるものなのでしょうか。イラン問題に詳しい慶応義塾大学の田中浩一郎教授と、テヘラン在住2年になる朝日新聞の杉崎慎弥テヘラン支局長に聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます