がん細胞の100種以上の遺伝子を調べ、患者ごとに最適な治療法を探る「ゲノム医療」の遺伝子検査システムが29日、公的医療保険の適用対象となることが決まった。効果的な薬を選ぶ医療の普及につながると期待されるが、究極の個人情報とされる遺伝情報による差別から患者をどう守るかなど課題も多い。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます