世界文化遺産「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(大阪府)の誕生が見えてきた。日本独自の形である巨大な前方後円墳などが並ぶ古墳群だが、その過半数は宮内庁が管理し、研究者の立ち入りさえも制限する天皇家の「陵墓」だ。こんな特異な候補が登録に向けて動き出したことで、その歴史的意義や保存整備・活用へ向けた課題が表面化している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます