本州一のサンマ水揚げ量を誇る岩手県大船渡市の港から30日、1隻の漁船が北太平洋の公海に向けて出港した。昨年までサンマ漁は夏に解禁されていたが、長引く不漁対策として水産庁が今年から通年操業を認めたためだ。「初夏の味覚」として定着するのか、水揚げが注目される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます