ベンチャー企業「キュア・アップ」(東京)は30日、禁煙を支援するスマートフォン用アプリを使ったニコチン依存症の治療について、治験(臨床試験)で禁煙を長続きさせる効果を確認したと発表した。国に医療機器として薬事承認を申請中で、来年春の公的保険適用を目指す。認められれば、国内初の治療用アプリとして、医師の診断を受けた上で利用できる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます